スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学教科書検定 年越し派遣村、裁判員…最新の話題に言及(産経新聞)

 小学校の新しい教科書には、最近の時事問題も多く登場した。

 平成20年暮れから年明けにかけて注目された「年越し派遣村」は、6年社会で掲載。「これからの日本を考えよう」とする章で、派遣村の写真に「派遣社員を中心とする失業問題が注目を集めました」とある。

 裁判員裁判は、6年社会の全5社に初登場。「大人になったら、わたしたちも裁判員に選ばれるかもしれないね」(教育出版)などと身近なテーマとして取り上げられている。

 新型インフルエンザは5、6年の保健で4社が記述し、残り1社は鳥インフルを取り上げた。新型インフルは発展学習の扱いとされ、文部科学省は「感染への対応策が解明されず、病気予防が十分に学習ができないため」と説明している。

 インターネットについては、調べ物などの活用方法や、トラブルに巻き込まれないよう「個人情報を書き込まない」といった注意点などをめぐって繰り返し取り上げられた。ネットいじめの温床ともなることから、ネットに書き込む際には「思いやりをわすれない」といった表現もあった。

 地球温暖化も複数科目で取り上げられた。社会や理科に加え、家庭でも太陽光発電を使った住宅を紹介したり、算数でサンゴが海水温度の上昇によって破壊されていくペースを面積で求める記述が登場した。

【関連記事】
韓国「まず攻撃ありき」で認識平行線 日韓歴史共同研究第2期報告書
日本の教科書に影響与えない 岡田外相
日教組教研、朝鮮人虐殺で根拠ない「6600人」
鳩山政権の次の教育政策は? 底流に「日教組政策集」
つくる会自由社版を採択 横浜市教委が8区で
あれから、15年 地下鉄サリン事件

<認知症予防財団>東京で設立20年パーティー(毎日新聞)
<キレる児童>指導法を記述 文科省解説書案(毎日新聞)
概要公表「公益性かんがみた」=銃撃事件時効で警察庁長官(時事通信)
首相動静(3月29日)(時事通信)
“票田”要望丸のみ 国民新が郵便局長会へ文書 定年延長など成果報告(産経新聞)

羽田空港、国際線ターミナルビル隣接ビルから出火 建設中の新駅、1人軽症(産経新聞)

 27日午前11時ごろ、東京都大田区羽田空港で建設中の国際線ターミナルビルに隣接するビルから出火した。

 東京消防庁が消火作業をし、3階建てのビルのうち、1階など約700平方メートルを焼いて、ほぼ消し止めた。

 東京消防庁によると、建設現場の作業員とみられる男性(45)が煙を吸って軽症とみられるという。

 京浜急行によると、出火したのはビル1階に建設中の同社の新しい駅。工事用として天井に設置された電球がショートして出火した可能性があるといい、警視庁などが今後、詳しい出火原因を調べる。

 出火当時、もうもうと黒煙が上がり、火災の激しさを物語るような光景となったという。

 ただ、火災現場から滑走路は約2キロ離れており、羽田空港によると、航空機の離着陸に影響は出ていない。

【関連記事】
日航2機の座席にもライター 国交省が全面点検指示
カレー粉で火災警報作動…インド機が緊急帰還
全日空機内で異臭 香港に緊急着陸
離陸直前、エアバス機から出火 仏で8人けが
米旅客機、着陸装置から炎 乗客2人軽傷

初のコウノトリ巣塔設置へ 兵庫・養父市(産経新聞)
関東北部で震度3(時事通信)
防衛相、午後から沖縄訪問 普天間移設問題で知事らと意見交換(産経新聞)
山梨県発注工事で談合か=93年の摘発後も継続-公取委(時事通信)
<谷垣総裁>「気迫持って迎えたい」党首討論に決意(毎日新聞)

<名古屋市議会>減税「1年限り」可決へ 市長公約を否定(毎日新聞)

 名古屋市議会は、昨年12月に成立した市民税10%減税条例を「10年度限り」とする修正案を24日の本会議に提出する。賛成多数で可決する見通し。河村たかし市長の最大公約だった恒久減税を否定するもので、市長支持団体は議会解散請求(リコール)の準備を本格化させるとしている。

 減税条例は個人・法人市民税を一律10%減税するもの。議会は個人市民税の減税について、いったん低所得層に厚くする修正を行ったが、市長が再議権を行使して原案通り成立させた経緯がある。

 また市議会は23日夜、河村市長が初めて編成した10年度当初予算案のうち、行政改革の一環として廃止する第3子以降の保育料無料制度を復活させるなどの修正案を委員会で可決する。一方、市長が提出した議員定数と報酬を半減させる条例案は否決し、それぞれ24日の本会議で可決、否決させる。市長はすべてを拒否し、再議権を行使する見通しだ。【丸山進、岡崎大輔、高橋恵子】

<吉野川堰>国交相が「可動堰化」中止明言(毎日新聞)
神崎・元公明代表、任期中に辞職へ(読売新聞)
細菌性髄膜炎のワクチンの定期接種化などで要望書(医療介護CBニュース)
オウム分派「松本死刑囚の影響下」公安庁警戒(読売新聞)
岩手県発注工事で80社の談合認定=指名停止に「減刑嘆願」も-公取委(時事通信)

“国境の島”は外国人参政権付与に反対 与那国町、壱岐市など(産経新聞)

 鳩山内閣が進める永住外国人に対する地方参政権(選挙権)付与の是非について、日本最西端に位置する沖縄県与那国町議会は23日、制定に反対する意見書を賛成多数で採択した。長崎県でも壱岐市議会が同日、法制化反対の意見書を採択した。「国境の島」からの相次ぐ反対決議には、参政権付与で国防上の危険が増すという危機感が背景にありそうだ。

 与那国町議会は議長を含めて5人。採決の結果、賛成3、欠席1で可決された。意見書では「永住外国人への参政権付与は民主主義の根幹にかかわる重大な問題」などとしている。

 与那国島は周囲約28キロ、人口約1700人で、国防の重要な場所に位置しているが、防衛の空白地同然で、町が自衛隊配置を求めていた。昨年8月の町長選は自衛隊配置を推進する候補が当選したが、票差は103票で「参政権付与が現実となると、外国勢力の思惑が島内の選挙に持ち込まれる恐れがある」(町議)といった声が出ていた。

 一方、長崎県では壱岐市議会が「法制化反対」の意見書を全会一致で採択。8日には対馬市議会でも反対の意見書を採択する決議を可決しており、具体的な採択文面を24日に決める予定で、壱岐市議会はこれに続いた格好だ。

 壱岐市議会の採択文では「(付与されたら)対馬を実質的に韓国領にされてしまうという悪夢が実現するのではないかと大きな懸念を持っている」としている。

【関連記事】
外国人地方参政権 「反対」多数派に
外国人参政権法案の今国会提出は困難 民主・山岡氏が韓国大使に
「日本はまだ鎖国的」鳩山節全開…東アジア共同体になお意欲
鳩山首相、ガス田問題で「東友愛の海にする努力必要」
対馬市議会 「外国人参政権付与」に反対の意見書採択を可決 
20年後、日本はありますか?

法人税下げ、参院選公約に=大塚内閣府副大臣(時事通信)
<運転見合わせ>JR山手線など3線 立ち往生も(毎日新聞)
橋下知事けん制…大阪市が「権限移譲」独自案(読売新聞)
<火災>住宅半焼 38歳母親死亡、6歳児重体 栃木・鹿沼(毎日新聞)
<訃報>吉田玉松さん76歳=元文楽人形遣い(毎日新聞)

<強盗容疑>都立高教諭を逮捕 顔殴りバッグ奪う(毎日新聞)

 酒に酔って通行人を殴りバッグを奪ったとして、警視庁亀有署は23日、東京都立足立高校教諭、浅野浩史容疑者(39)=葛飾区青戸8=を強盗傷害容疑で現行犯逮捕したと発表した。浅野容疑者は泥酔状態で「殴ったこと以外は覚えていない」と供述しているという。

 逮捕容疑は、21日午前2時20分ごろ、葛飾区亀有2の路上で、自転車で帰宅途中の足立区のタクシー運転手の男性(57)と口論になり、男性の顔を数発殴り、自転車の前かごから現金約2万8000円入りのバッグを奪ったとしている。

 男性は約1週間のけが。浅野容疑者は20日午後10時ごろから酒を飲み、帰宅途中だった。足立高校によると、浅野容疑者は、体育の教諭でサッカー部顧問や生徒指導を担当していた。【古関俊樹】

【関連ニュース】
不起訴:元Jリーガーを東京地検 告訴取り下げなどで
強盗:シティホテルから16万円奪う 愛知・一宮
強盗:牛丼店で25万円奪われる 愛知・半田
強盗:パチンコ店から2人組660万円奪う 千葉・白井
強盗傷害容疑:女性殴られ重傷 男、軽乗用車で逃走 愛知

小5長男の首絞め重体、容疑の母親逮捕(読売新聞)
首相、朝鮮学校の無償化に前向き 「懸念は払拭していける」(産経新聞)
イチから分かる!「不正資金提供事件」北教組裏金の源流は税金(産経新聞)
糖尿病でアルツハイマー早期発症=悪循環で進行、仕組み解明-大阪大(時事通信)
交通安全講習 受講で温泉や眼鏡安く…秋田県で高齢者向け(毎日新聞)
プロフィール

ミスターやすおひろた

Author:ミスターやすおひろた
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。